Xiaomi

Xiaomi Redmi Note 9s / 9 PRO 動画レビュー 美しきオーロラ・ブルー

シャオミのRedmi Noteシリーズは低コストながらも、最新のテクノロジーを詰め込んだスマほとして知られている。

シャオミが今回、最新モデルであるRedmi Note9sを発売した。インド市場では、Xiaomi Note 9SPROと呼ばれているが、

さて、Note9sは、どれほどのポテンシャルを持つスマホに仕上がっているのだろう?

Xiaomi Redmi Note 9s

Note 9s レビュー スペック

 

BODY サイズ 165.8 x 76.7 x 8.8 mm
重量 209 g
ビルド ゴリラガラス5、プラスチック
SIM Dual SIM
生活防水
ディスプレイ タイプ IPS LCD
サイズ 6.67 inches
解像度 1080 x 2400 pixels, 20:9 ratio
保護 Corning Gorilla Glass 5
450ニットHDR10
プラットフォーム OS Android 10, MIUI 11
Chipset Qualcomm SM7125 Snapdragon 720G (8 nm)
CPU Octa-core (2×2.3 GHz Kryo 465 Gold & 6×1.8 GHz Kryo 465 Silver)
GPU Adreno 618

引用元:GSMArea

Note 9s レビュー

美しきオーロラ・ブルー

Xiaomi Redmi Note 9s、その外観はゴリラ5ガラスを使用し、全体的に丸みを帯びる。

艷やかフォルムは、最近のトレンドにマッチした、おなじみのデザインとなっている。

素材は、プラスチックを使用してるにも関わらず、Xiaomi Redmi Note 9sを一度手にするとプリミアム感じが漂う事に驚く。

フレームがマット(非光沢)な仕上がりである為に、グリップ効果があり滑り止めにもなっている。

Xiaomi Redmi Note 9sは、サイズ感のあるスマホなので、ズッシリと重い感覚が残る。

IPレート(防水/防塵)には、非対応であるが、スマホを守る為の日常的な防水には対応している。

Xiaomi Redmi Note 9sの”オーロラブルー”の美しさには、特筆に値する。

Note 9s レビュー HRD 10Plus ディスプレイ

Xiaomi Redmi Note 9sのディスプレイは、1世代前のIPSパネルを使用している。

だが、iPad miniにも使用されている事を考えると、決して見劣りするものではない。

項目 Xiaomi Redmi Note 9s ディスプレイ詳細
パネル IPS LCD
解像度 1080p
アスペクト比 20:9

フロントにあるセルフィー・センサーは、パンチ・ホールの形状になっており、

バックライトが明るい時、ホールの縁をよく見ると”黒い影”があることに、おそらく気がつくだろう。

これは、LCDパネル特有の特性でOLED(有機パネル)には見られない現象だ。

スクリーンのリフレッシュレートが、平均的な”60Hz”である事は残念である。

例えば、Xiaomi/シャオミのライバル、Realmeは同価格帯のスマホに、”90Hz”のリフレッシュレートを採用している。

とはいえ、ディスプレイの全体的な印象は悪いものではない。

大きなディスプレイは、コントラスとがはっきりとして、黒色の発色には深みがあり、色彩の再現能力も十分だと言える。

HRD10Plusをサポートしているので、ハイクオリティな動画を鑑賞するの時にも満足だろう。

ディスプレイの明るさも、最大値420(自動設定で575ニット)と屋外でも充分な明るさだ。

ディスプレイの明るさを1ニットまで落とすことが出来るので、暗闇でスマホを操作もしやすいだろう。

Note 9s レビュー HRD 10Plus 多彩なインタフェース

スクリーン指紋認証には、非対応なので右サイドにある電源ボタンが指紋認証センサーの役割も果たす。

指紋認証センサーの反応はとても迅速だ。

AlwaysOnDisplay(常時通知スクリーン)はXiaomi Redmi Note 9sには非搭載であるが、

上部にあるステータス通知LEDがメールの受信などを教えてくれる。

スピーカーは底部に1つあるだけだが、音量も充分だ。サウンドの質については、中域音が強いわりには、低音が控え気味である。(2:22)

最近のトレンドは、3.5mmジャックを排除し、ブルーツゥース経由でイヤフォンへの接続がトレンド。

しかし、Xiaomi Redmi Note 9sは、ヘッドフォン用の3.5mmポートを備えているので、音楽を楽しむ際のオプションが増えるのが嬉しい。

Xiaomi Redmi Note 9sは、MicroSDカードを使用してストーレッジの拡張も可能だ。

UIは、Andorid 10をベースにMIMU11を組み合わせており、以前よりもシンプルな作りとなっている。

ビデオ、音楽、画像のギャラリーを管理には、MIUIの独自アプリを使用している。

さらには、必要であればFMラジオを聴く事だってできる。

グローバルROMの場合は、まれにだが、使用する国によって、アプリを立ち上げた際に、広告が表示される場合がある。

また、赤外線リモコンとして、家電製品を操作する事もできるなど、Xiaomi Redmi Note 9sをは、様々な側面をもったスマートフォンである。

Note 9s レビュー 妥協なき処理性能

一方、性能を見てみると、Xiaomi Redmi Note 9sは、チップセットに700番シリーズの、Snapdragon 720Gを搭載。

フラグシップ・モデルに追随する性能を持ったチップセットで、ベンチマーク・スコアを見ても申し分ない。

実際、720GはHuaweiのKirin 810に、もう少しで匹敵するほどの処理速度である。

処理性能に関しては普段遣いでも、ゲームを動作させても快適に動作するので、満足するであろう。

Xiaomi Redmi Note 9sは、のバッテリー容量は5020mAと、同クラスでも最大のサイズとなっている。

機種 バッテリーサイズ
REALME6 4300mAh
REDMI NOTE9S 5020mAh
GALAXY A51 400mAh

付属の22.5Wのチャージャーを使用すると、1時間で37%のチャージが可能となっている。

Note 9s レビュー 卓越したマクロカメラ

Xiaomi Redmi Note 9sは、Note8Tと同様に、クアッドコアカメラを搭載している。

センサー 詳細
48MP メイン f/1.8
8MP ウルトラワイド f/2.2
5MP マクロ f・2.4
深度センサー N/A

メインセンサーの出力は、12MPになっており、屋外での撮影の仕上がりはノイズもなく、細部、発色はとても良い。

ダイナミックレンジも充分であるが、特筆する点もなく無難な写真になっている。

48MPの解像度でダイレクト出力機能もあるが、12MPをアップスケールしているにしか過ぎないので、この機能を使用するメリットは無いだろう。

ポートレイトを上手に撮影するには、充分な光源が必要だ。

12MPの2倍ズームは、デジタルズームを使用しているだけなので、細部が上手く再現されていない。

8MPのウルトラワイドは、そのクラスのスマホでは非常に良く撮影できていると言える。コントラスト、ダイナミックレンジも充分である。

意外にも5MPのマクロ・センサーでの撮影は、オートフォーカスもキチンと動作し、美しい仕上がりとなっている。

唯一の不満点は、色彩の表現が忠実ではないことだ。

Xiaomi Redmi Note 9sのメインカメラでの夜間撮影は、綺麗に写真撮影が可能だ。ナイトモードを使用すると、コントラストが一段とはっきりとして、美しい写真が取れる。

Note 9s レビュー 無難にして充分なビデオ撮影能力

Xiaomi Redmi Note 9sはメインカメラを使用すると、最大4K@30fpsでの撮影が可能になっている。

コントラストとダイナミックレンジは、素晴らしくノイズもほとんど見受けられない。

ウルトラワイドでの撮影は、1080p@30fpsが最高となっているが、撮影した動画は、シャープでクオリティもとても良い。

EIS(電子式手振補正)は、メインセンサーでもウルトラワイドでも使用が可能で、安定した撮影ができる。

SUMARRY

Xiaomi Redmi Note 9sは、デザインも美しく、大きなディスプレイと高性能チップセットを搭載、

そのバランスを取るかの様に、バッテリー容量もクラス最大のサイズとなっている。

ただし、同価格帯でライバル社のスマホは、Xiaomi Redmi Note 9sにはない機能も有している事を指摘しなければならない。

たとえば、Realme6は、90Hzのディスプレイとファースト・チャージング(急速充電)を備えている。

ディスプレイの画質を重視するのであれば、Galaxy A51を選んでも良いだろう。

Xiaomi Redmi Note 9sは、プライス・ポイントを考えると、総合的にうまくまとまったスマホであり、おすすめ出来る製品だ。

Xiaomi Redmi Note 9sの購入先

オンラインショップ 価格
DHゲート 19、843円 クーポン:DHGN9S

Powerd by Koro-Tech8